top of page
28.jpg

​外観

瀧波の母屋は、今から350年前に上杉藩の山守を務めた大庄屋の曲がり屋を移築したもの。
これほどの堅固な柱と梁を目にすることは、現在ではとても希少。
時代を見つめてきた木造建築が、今に生きている。

28.jpg

客室

移築した蔵をモダンな空間へとリノベーションした「KURA」、
サクラが咲き誇る様など自然が織りなす景観を望むことができる「SAKURA」、山形で生まれた名作家具や作品に山形らしい趣を映した「YAMAGATA」の3タイプの客室。
すべての部屋に、かけ流しの露天風呂を設えています。

sakura02_img_01.jpg

​温泉

「生まれたての十割源泉」に包まれる幸せ
開湯920余年の赤湯温泉。
瀧波の湯は、源泉から19の客室すべてに直接届けられます。
滑らかな肌触りの湯は肌を優しく包み込み
じんわりと体をあたためます。

34_02.jpg

ロビー

北欧家具とともに過ごす優雅な時間
日本の伝統に、名作と呼ばれるモダン家具が調和する。
その景色は、訪れた人の胸を高鳴らせるのに余りある。
そして、腰を下ろすだけで感じる幸せに、浸る。

32_01.jpg

​食事

ここは、山形の味と巡り合うための場所。
供される置賜盆地の食材や山形の伝統料理は、季節の味ではない。
今、この瞬間だけの旬の味だ。
山、海、田畑から届く妙味を知る時、五感が冴えることを知るだろう。

 

image.png

周辺観光地

“東北の伊勢”と称され、約1,200年の歴史を持つ「熊野大社」。
本殿裏に隠し彫りされた「三羽のうさぎ」を見つけると願いが叶うという言い伝えもあり、赤湯温泉を訪れたならぜひ足を運びたいスポットのひとつ。

9d3824b75a4e0c239895ab14b1d4f15c-1200x800.jpg
bottom of page